カワセミのまなざし

カワセミのまなざし

清流の中に濁りを見つけ出す

野鳥達が盛んに飛び回っています…… "クロツグミ""コサメビタキ""ノビタキ"ほか  野鳥撮影《第343回》

(夏到来を予感させる雲々)

5月に入り繫殖は最盛期を迎え、森の中を飛び回る野鳥たちの囀りは力強さを増してきました。しばらすると雛鳥たちが姿を見せてくれそうですね。

富士山周辺の森林など

個人的に大好きな夏鳥コサメビタキが数羽で追いかけっこしていました。スズメより小さな小鳥で、愛くるしい丸く大きい目に心惹かれて仕舞います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森林から草原に出ますと夏鳥ノビタキがペアで戯れていました。⇩メス

 

 

 

顔黒のオス ⇩

 

 

 

別の場所に移動すると、林道周辺を移動している夏鳥キビタキ・オスを発見。

 

とても眉毛が太いですね。⇩



 

 

 

森の中から複雑で大きな鳴き声が聞こえて来ました。 懐かしい夏鳥クロツグミ・オスの登場です。

 

 

 

クロツグミ以上の大きな囀りを絶えず聞かせてくれた留鳥ゴジュウカラです。