カワセミのまなざし

カワセミのまなざし

清流の中に濁りを見つけ出す

夏羽の "ズグロカモメ" に会いに行きました。 その他 "シロチドリ" 達などにも…  野鳥撮影《第209回目》

f:id:Hatabou:20200319180156j:plain

三番瀬を歩きまわるバーダーの姿)

そろそろ大好きなズグロカモメユーラシア大陸へ帰る時期が近づいて来ました。そんなことを考えるとどうしても会いたくなり、とても印象的な夏羽を観察するため、再び三番瀬に出向きました。

 ふなばし三番瀬海浜公園

 

海岸干潟を見渡すと、冬羽ダイゼンを数羽観察出来ました。そろそろ真っ黒な夏羽に変身するのでしょうか。

f:id:Hatabou:20200319181531j:plain

 

 

 

f:id:Hatabou:20200319181149j:plain

 

 

 

f:id:Hatabou:20200319181225j:plain

 

 

 

セグロカモメの飛翔シーンです。海鳥はやはり青空が似合いますね。 

f:id:Hatabou:20200319181333j:plain

 

 

 

f:id:Hatabou:20200319181409j:plain

 

 

砂地を歩いていると、すぐ傍をシロチドリ群れが歩き回っていました。正面から捉えると、とても勇ましく堂々としている印象です。

f:id:Hatabou:20200319181646j:plain

 

 

夏羽シロチドリです。 

f:id:Hatabou:20200319181732j:plain

 

 

冬羽ユリカモメが一羽佇んでいました。4月中旬には日本を去りますが、その頃には頭部の一部が黒くなります。  f:id:Hatabou:20200319181838j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20200319181923j:plain

 

 

 

水鳥たちが少なくなっている中、ハマシギの群れは海岸を華やかにしてくれます。 

f:id:Hatabou:20200319182007j:plain

 

 海岸を探し回っていると、いつの間にか夏羽ズグロカモメが1羽すぐそばに飛んできていました。絶滅危惧2類のこの稀少な野鳥は、その愛嬌のある姿を一度目にすると、とてもインパクトがあり、その場でファンになってしまいます。  

f:id:Hatabou:20200319182146j:plain

 

 

 

f:id:Hatabou:20200319182217j:plain

 

 

 

f:id:Hatabou:20200319182251j:plain

 

 

 

f:id:Hatabou:20200319182333j:plain

 

 

 

f:id:Hatabou:20200319182436j:plain

 

 

 

f:id:Hatabou:20200319182527j:plain

 

 

 来年もまたこの姿でバーダー達を魅了して欲しいですね。

f:id:Hatabou:20200319182611j:plain

 

最後に

何とか夏羽のズグロカモメを観察することが出来ました。大好きな野鳥を観察していると、世間のいろんな問題など忘れることが出来ます。

ということで、野鳥を追っていく旅はこれからも続きます。

 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村