カワセミのまなざし

カワセミのまなざし

清流の中に濁りを見つけ出す

ある有名ブロガーとの意外な接点

この土曜日、京都に住んでいる次男が出張帰りに家(ウチ)に寄ってくれました。

私がこの歳になって初めて、しかも昨年末から『はてなブログ』を始めたことを話したところ、息子はとてもビックリしていましたが

とても意外な話をしてくれました。

 

f:id:Hatabou:20170205231820j:plain

 

その話に入る前に、少し行数を頂いて記事更新が進んでいないことの言い訳をさせて下さい。

  実は「ついにブログの書き方でツボを発見!!目から鱗」というタイトルで10件目の記事を書きました(1月25日)。そして、有言実行です。

ツボはたくさんありますが、その中で

最も基本的な2つの約束事をまず実行しようと思いました。

  • 文章とは「書くために書くのではなく、読んでもらうもの
  • 全ての文章には「読者」がいる。しかも、「ターゲット相手を決め、その相手に語りかけるように書く

 

hatabou.hatenablog.com

 

次に、新規投稿から具体的に次のような事を心掛けました

  •   「〇〇だ」とか「〇〇である」などの”上から目線”的な表現を止め、「△△です」とか「△△ました」とソフトなタッチに変えました。
  • 記事のテーマは、「自分にとっては面白いが」とか「自分の中では一番流行っているが」ではなく、意識的に「世間・社会全般が気にしているキーワード」をテーマにしようと考えました。
  • 見て頂く方の心象を考え、「ブログのカスタマイズ」を行いました。ブログを見る人はスマホが多いので、特にスマホの画面をスッキリさせました。無くても構わないものは削除し、あると便利な「パンくずリスト」を追加しました。
  • カスタマイズの際、2人のブロガーの方の記事を参考にさせて頂きました。本当にありがとうございました😊 

 

ww.ituore.com

www.nubatamanon.com

 

  その試行アクションとして

  •   「小池都知事」や「トランプ大統領」など世間が特に注目している政局ものをキーワードに掲げ、30~50代の女性をターゲット先に絞りできるだけ分かりやすく、しかも短くまとめ上げ、記事にアップしました。
  • 結果、アクセス数は10倍近く増えました。経験の積まれたブロガーの方にとってはゴミみたいな数字ですが、ずぶの素人にとっては結構うれしいものです。

  言い訳

 「ブログのカスタマイズ」という訳の分からないことへの挑戦のため、なかなか新記事をアップできませんでした。ゴメナンサイ…

 これからも、できるだけツボを意識して、初心者ブロガーの1つの目標である「月間PV数3,000」突破を目指していきたいと思います。

 

hatabou.hatenablog.com

hatabou.hatenablog.com

 

 では、本題に入ります。

  次男は「実を言うと、はてなブロガーに知り合いがいるんだよ。」と言うんです。

 《どんな人?》

 ”高校時代の同級生だよ。京大経済に行って、三井物産の入社したけど、四年後に独立したんだ“

《何でブロガーってこと知ってる?》

 同期の奴から聞いたんだ。ツイッターとかフェスブックの書き込みがやたら面白く、いろんなサイトへの寄稿なんかも熱心で評判もいいみたいで、❝ブログやったらいいのに❞と、大勢のSNS仲間から言われて始めたらしいよ。

《独立してWebライターで生活しているの?》

 口コミですごいブロガーいると噂になり、大学で講演とかしているらしいけど、それで生活している訳ではなく、何か他業種の会社を数社、起こしたみたいだよ。 

そこで話は終わりましたが

はてなブロガーということもあり、これも何かのご縁かと、本名でブログを運営していると教えてくれたので調べてみました。

 

  本名:熊谷真士(くまがいまなと)

 ◉ブログ名  

  ❝もはや日記とかそういう次元ではない❞

◉ブログ投稿数 60記事  ◉ブログ日数  58日

◉継続期間   4ヶ月  ◉読者数   3,793人

 

実は、記事をすでに読んでいました。

  • スタバでダべる女子大生に対し畏敬の念を禁じ得ない」というタイトル記事で、女子大生の生態を実にリアルにシニカルに、そしてリズムよく描写しています。
  • ブログ全体を俯瞰しますと、ジャンルは多岐に亘り、表現方法も一様では無く、幅広な可能性を感じさせます。
  • ブログ投稿数はかなり少ないですが、読者数が半端なく多いのは、彼の持つ感性に、人を魅惑するパワーが多分に潜んでいるのでしょうね

 

このブログエネルギーのほとばしりが危険すぎます。

 

manato-kumagai.hatenablog.jp