カワセミのまなざし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カワセミのまなざし

清流の中に濁りを見つけ出す

"チュウシャクシギ”との遭遇、貴重な”コチドリ交尾シーン”の動画撮影に成功‼ 野鳥撮影《第14回目》

 

GW中の野鳥撮影・第3弾です。

今回は横浜市青葉区の「寺家ふるさと村」と大田区の「東京湾野鳥公園」「大井ふ頭中央海浜公園」に出掛けました。

2か所で繁殖期の行動を確認することが出来ました。

 

 

寺家ふるさと村

昔ながらの田園風景が色濃く残っているところで、水田と雑木林が織りなす景観に恵まれた地域となっています。野鳥も多く、カメラマンの姿もよく目にします。

抱卵しているカイツブリです。

f:id:Hatabou:20170503201807j:plain

下の写真で初めて卵が3個あることが判明しました。

f:id:Hatabou:20170503201838j:plain

無事に雛が誕生すると良いですね。

f:id:Hatabou:20170503201919j:plain

 一番奥の池にカワセミのメスがいました。撮影の前にはオスも一緒にいました。

f:id:Hatabou:20170503201951j:plain

f:id:Hatabou:20170503202020j:plain

 この時期に開花するシャガ(アヤメ科:中国原産)です。

f:id:Hatabou:20170503202110j:plain

 

東京湾野鳥公園

理想的な野鳥観察施設です。「ネイチャーセンター」を中心に観察広場や多くの観察小屋があり、係員の方も親切で、いろんな事を教えて頂きました。

1週間前に渡来してきたバンです。

f:id:Hatabou:20170503202240j:plain

 キンクロハジロのオス・メスです。

f:id:Hatabou:20170503202346j:plain

 スズガモもいました。
  • カモ科 全長:オス46㎝ メス43㎝
  • 嘴は灰青色で目は黄色。オスは黒い頭で緑の光沢があります。メスは全体的に褐色で、嘴の基部に白い斑があります。
  • 主に内湾などの静かな海に大群で生息しますが、少数の群れで海に近い湖沼にも分布します。
  • 冬 鳥

上がオス、下がメスです。

f:id:Hatabou:20170503202445j:plain

f:id:Hatabou:20170503202538j:plain

 中くらいの大きさのチュウシャクシギとも出会いました。
  • シギ科 全長:42㎝
  • 大きく下にそった嘴が特徴。上面は褐色で、淡色の細い羽縁と斑点があります。
  • 数羽から数十羽の群れで干潟、水田、川岸等に生息します。
  • 旅 鳥

f:id:Hatabou:20170503202723j:plain

f:id:Hatabou:20170503202755j:plain

動画も撮ってみました。

www.youtube.com

 

チュウシャクシギのそばにいたコチドリです。

f:id:Hatabou:20170503203044j:plain

チュウシャクシギの動画を撮り終えかけた時、突然目の前をコチドリが走り抜けましたので、ついでにカメラを回し続けました。すると、偶然にも交尾シーンで出くわしました。

交尾には意外に時間が掛かるんですね。交尾前のオスのステップと言うかダンスがとてもコミカルで、思わず笑ってしまいます

www.youtube.com

 

大井ふ頭中央海浜公園

東京湾野鳥公園」のすぐそばにあるため、ついでに寄って来ました。

コアジサシに出会うことができました。
  • カモメ科 全長:24㎝
  • 夏羽では頭が黒く、額・のど・腹が白。他の部分は薄い灰色で、嘴は黄色。
  • 海岸や川の水辺に生息しています。
  • 夏 鳥

ホバリングからの魚捕りは見ものですね。

f:id:Hatabou:20170503203405j:plain

f:id:Hatabou:20170503203525j:plain

 

最後に

現在は冬鳥と夏鳥の交代の時期で、繁殖の時期でもあり、とても興味深く勉強になります。

これからは夏鳥が活躍すると思いますので、撮影ポイント・撮影技術の研究を重ね、もっともっと野鳥のことを知っていきたいと思います。

 

 


にほんブログ村