カワセミのまなざし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カワセミのまなざし

清流の中に濁りを見つけ出す

クラシックギター その魅力 Vo.4

音楽 音楽-クラシックギター

f:id:Hatabou:20170209114047j:plain

前回は「クラシックギターの歴史」について述べました。

今回は、「クラシックギター製作者の系譜」についてお話しします。

最後に名曲・名演奏の紹介がありますので、最後までお付き合い願いますね。 

続きを読む

新横浜公園で野鳥探し‼ Nikon「COOLPIX P900」で野鳥撮影《第7回目》

カメラ カメラ-野鳥

 

新横浜公園”は探鳥の穴場との情報を得たので、早速昨日出掛けました。

日産スタジアムの裏手にあるスポーツ公園です。手入れの行き届いた施設で、散歩したり、芝生で横になるのもいい素敵な場所でした。

周囲に貯水池があり、公園内を水路が走り、葦原もあるので、野鳥にとっては居心地の良いエリアだと思いました。

 

続きを読む

春を告げる使者"コチドリ"に遭遇‼ Nikon「COOLPIX P900」で野鳥撮影《第6回目》

カメラ カメラ-野鳥

 

早春の3月、晴天の続く3連休にまたもや探鳥に繰り出しました。

★3/18の土曜日は「奈良川源流域」までウォーキングしました。(1万7千歩)

「奈良川源流域」は、横浜市の都市部に残された貴重な里山環境で、多様な生態系を形成しています。

★3/20の祝日は、いつもの河川沿いをウォーキングしました。(1万7千歩)

 

続きを読む

イタリア政党『五つ星運動』は輝ける星になれるのでしょうか⁈ 【伊総選挙に向けて】

政治 政治-国際政治

f:id:Hatabou:20170321151947j:image

 

最近、世界的規模で生じている政治の流れに大きな《違和感》を感じていました。

その《違和感》をよく噛み締めてみますと、その本質が見えて来ました。

国際政治の『大きなうねり』あるいは『変革・変動』こそが《違和感》の真の姿でした。

これまで書いてきた4つの記事は、その『うねり』を自分なりに感じ・咀嚼し・判断したものでした。

大きな括りで言いますと

ナショナリズム」と「ポピュリズム」の台頭による極端な「自国ファースト主義」の蔓延です。

 

■4つの記事■

 

続きを読む

落語『百年目』に垣間見える上司・部下の距離感について <落語シリーズ vol.1>

演芸 演芸-落語

 f:id:Hatabou:20170314222500j:image

一昨夜、妻と横浜にぎわい座へ、”立川志らく”のシリーズもの「新・志らく百席」第8回を聴きに行きました。

10年続けて来た「志らく百席」「続・志らく百席」シリーズの最新ものです。

今までの実績が評価されて、直ぐに前売り券が完売する人気シリーズです。

落語の全体像、志らくのこと、その他の噺家のこと等、色んなこと書きたいと思うのですが、聴いた演目の中で、ちょっと気になる噺があったので、少しその感想を書いてみたいと思います。

その話とは三つある演目の最後に披露されたもので、50分程度の大ネタでした。

続きを読む

河口でもないのに"セグロカモメ"に遭遇‼ Nikon「COOLPIX P900」で野鳥撮影《第5回目》

カメラ カメラ-野鳥

この二日間はとても充実していました。

《一昨日は》

午前中は、すぐそばの河川をいつもとは逆に、川上方向に野鳥撮影に出かけました。約5時間ウォーキングし、野鳥との出会いを楽しみました。(1万2千歩)

夕方からは「みなとみらいホール」に出かけ、《慶應ワグネルソサィティーオーケストラ》の演奏会を聴き、とても感動しました。

《昨日は》

午前中は2時間クラシックギターを練習し、その後「四季の森公園」に出かけ、2時間程度・野鳥撮影に没頭し、午後からは大好きなベイスターズオープン戦をテレビで観戦しました。

と言うことで、今回も多くの野鳥との出会いがあり、ワクワクしました。

続きを読む

「幸福学」は悩み多き日々を支える良薬になってくれるのでしょうか?

社会 社会-心理学

f:id:Hatabou:20170308220025j:plain

慶応大学の前野隆司教授は「幸福学」なる学問を研究して、最近話題になっています。

前野教授は最先端の機械工学のエンジニアであり、ロボットの研究者です。そのバリバリの科学者が、40歳過ぎて、人間の幸せについて真剣に想いを巡らすことになりました。

それが「幸福学」研究のきっかけです。

実は、大学院卒業の頃から、自分のやっている研究では、一部の人々しか幸せに出来ないとの忸怩たる想いがあったそうです。

 

続きを読む