カワセミのまなざし

カワセミのまなざし

清流の中に濁りを見つけ出す

みんな大好き‼  お馴染みの野鳥たち  "カワセミ" "ルリビタキ" "オシドリ"ほか    野鳥撮影《第115回目》

f:id:Hatabou:20190116222938j:plain

 (陽の傾いた薬師池)

 

今回は誰もが知っていて、誰もが大好きな野鳥たちをピックアップしてお披露目します。

特にコメントはありませんので、ゆっくりとご覧いただければ幸いです……。

 

続きを読む

<遂に最終回>【新春企画】愛しの "アイサ"たちの素顔とは……  ~番外編『ミコアイサ』その躍動シーン~   野鳥撮影《第114回目》

f:id:Hatabou:20190112124747j:plain

オカヨシガモ

 

遂にシリーズ "愛しのアイサ(秋沙)たち" も最終回を迎えました。

昨年12月中旬から画像データをコツコツと収集し、3カ所で3種類のアイサ類を撮影し、ブログに順次アップしました。

本当は3回で終了予定でしたが、近所の公園にミコアイサが出現しているとの情報を年末近くに入手し、現地に出向いたところ、思いのほか躍動感ある画像が撮れましたので、<番外編>として今回アップすることにしました。

 

続きを読む

【新春企画】愛しの "アイサ"たちの素顔とは……  ~第3回『ウミアイサ』~   野鳥撮影《第113回目》

f:id:Hatabou:20190108210106j:plain

三浦半島から望む富士山)

 

【新春企画】第3回目は、ついに"ウミアイサ"の登場です。

ネット情報を頼りに、数カ所探しましたが見当たらず焦りました。

すこし諦めかけた時、ついにオス・メスの群団を見つけることが出来ました。

 

続きを読む

【新春企画】愛しの "アイサ"たちの素顔とは……  ~第2回『カワアイサ』ほか~   野鳥撮影《第112回目》

f:id:Hatabou:20190105120027j:plain

(おすましポーズのセグロセキレイ

  

今回は<アイサ(秋沙)>シリーズの第2回として、とりわけお気に入りの"カワアイサ"を改めて取り上げます。

今冬、既に2回 "カワアイサ・メス"はブログに登場していますが、この【新春企画】を考えた段階で、オス・メスのペアを撮影しようと思い、いつもの場所に再度出掛けました。

果たして鳥果はいかに……

 

続きを読む

【新春企画】愛しの "アイサ"たちの素顔とは……  ~第1回『ミコアイサ』ほか~   野鳥撮影《第111回目》

f:id:Hatabou:20190101165033j:plain

オナガガモたち)

 

新年明けましておめでとうございます。

今年も野鳥たちの様々な表情を通じて、自然の豊かさを少しでもお伝え出来ればと思っています。

実は、昨年12月中旬から少しづつ野鳥の画像データを蓄積してきました。

そこで今回、特に興味のある<アイサ(秋沙)>にフォーカスを当て、【新春企画】として、4回シリーズものをアップすることにしました。

そして第1回目の今回は、以前からどうしても撮影したみたかった『ミコアイサ』の撮影にチャレンジしました。

 

続きを読む

2018年最後を飾る野鳥たち…… "ミユビシギ" "シロチドリ" "ミヤコドリ"他    野鳥撮影《第110回目》

f:id:Hatabou:20181230182705j:plain

葛西臨海公園方面から望む富士山)

 

今年最後のブロク記事になります。

前回の記事で、今年を振り返ると”黒字"で、その大きな要因は家族のこと、そして健康のことだと説明しましたが、もう一つありました。

それは、野鳥のことを一層勉強し観察し、そして撮影技術が多少進歩したことです。

その集大成が「野鳥カレンダー」でした。家族全員が大変喜んでくれました。

 

hatabou.hatenablog.com

 

来年は野鳥のことはもちろん、<風景や静物撮影>にもチャレンジしたいと思います。

さらには、もうひとつの趣味である<クラシックギター演奏とのコラボ>も企画してみたいです。

という事で、来年もひとつ、よろしくお願い致します。

そして皆さま、よい年をお迎えください。

 

続きを読む

2018年を振り返ると…… 野鳥名で例えると"クロジ" でしょうか (#^^#)  野鳥撮影《第109回目》

f:id:Hatabou:20181228152530j:plain

(恩田川:アオサギ

 

本日、今年最後の証券取引である「大納会」を迎え、日経平均株価終値は7年ぶりに前年末終値を下回りました。

日本経済は底堅い動きが続いていますが、外的要因で右往左往している様相ですね。

まあ日経平均株価が2万円をぎりぎり保ったことで良しとすべきでしょう

一方、個人的にこの一年を振り返ると、肉親や親戚に不幸があったものの、長男の結婚や次男夫婦に子供が生まれたこと、そしてなんとか此処まで元気で過ごして来た事を考えると、個人的にみた今年一年の決算は"黒字"と考えることにしました。

そこで、黒字と言えば個人的に野鳥の"クロジ"の事をつい連想して仕舞い(笑)、昨年も出会ったあの場所に再び訪れました。

 

 

続きを読む