カワセミのまなざし

カワセミのまなざし

清流の中に濁りを見つけ出す

"ミソサザイ親子"の給餌シーン、そして"オオルリ""クロツグミ""キビタキ"など  野鳥撮影《第352回》

ツマグロヒョウモン・オス

たまたまミソサザイの給餌シーンに遭遇しました。とても大切なことを学んだ気がします。その他、代表的な夏鳥たちにも会うことが出来ました。 5月下旬の出来事です。

富士山麓の水場

いつもの水場で野鳥を待っていると、水場の右側斜面からとても小さい野鳥が4羽、突然登場しました。目を凝らして見つめると、ミソサザイの親子(3羽の雛鳥)でした。そして大きな鳴き声とともに給餌が始まりました。

①餌をおねだりするシーン

 

②給餌シーン

 

③給餌後、そそくさとその場を去る親鳥

 

④一羽になり、とても不安になる雛鳥

 

 

 

 

 

ミソサザイを撮影していると、いつの間にか水場に現れたオオルリ・オス

 

深く美しい瑠璃色を表現するため、敢えて背景は暗いままにしています。

 

 

 

 

 

今季初めてクロツグミ・メスが登場してくれました。

 

オオルリと一緒に水浴び

 

 

 

次にキビタキ・オス若が登場しました。

 

 

 

 

 

 

キビタキ・メスも登場しました。

 

 

 

最後に登場したセンダイムシクイです。