カワセミのまなざし

カワセミのまなざし

清流の中に濁りを見つけ出す

【西湘エリアで探鳥】一年ぶりの"カワアイサ"や、今年当たり年の"レンジャク"ほか…  野鳥撮影《第258回目》

f:id:Hatabou:20210312151541j:plain

(中洲のダイサギ

今回は、久しぶりに西湘エリアを訪れ、野鳥観察した時の様子をアップしたいと思います。懐かしい出会いがありました。

 酒匂川河口付近

ここは小田原エリアでは有名な探鳥地です。冬場は特に、県内では貴重なカワアイサの飛来地として注目を浴びています。

まずは、ハクセキレから歓迎を受けました。

f:id:Hatabou:20210312151615j:plain

 

 

 

馴染みのイソシギも、場所を変えると新鮮な感じがします。

f:id:Hatabou:20210312151643j:plain

 

 

このエリアは猛禽類も頻繁に出現します。そう思っているうちに、チョウゲンボウが一羽登場しました。

f:id:Hatabou:20210312151722j:plain

 

 

 

ジョウビタキ・雄も姿を見せてくれました。もうすぐで北へ帰るのでしょうか?

f:id:Hatabou:20210312151758j:plain

 

 

 

ここではタヒバリを数多く観察できます。

f:id:Hatabou:20210312151835j:plain

 

 

そうしているうちに、注目のカワアイサ・雌が川上から泳いできました。私はこの顔が大好きです。

f:id:Hatabou:20210312151915j:plain

 

 

その後、カワアイサ・雄が単独で一羽、姿を見せてくれました。

f:id:Hatabou:20210312151951j:plain

 

カワアイサはとても神経質で、少しでも人間の気配を感じると飛び去ります。

f:id:Hatabou:20210312152025j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20210312152054j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20210312152136j:plain

 

北国へ戻ったら、雌は背中にひな鳥をたくさんおんぶして泳ぎ回るのでしょうね。 

f:id:Hatabou:20210312152206j:plain

 

 

 平塚市金目川

酒匂川では目的の野鳥を観察出来ましたので、小田原・厚木道路を使い、レンジャクの大量出現で今大いに話題になっている場所に向かいました。

到着後、駐車場に車を止めて、道路沿いを歩いていると、街路樹に大量のレンジャクが留まって木の実を食べていました。ただし、背景がうるさく、撮影にはちょっとと思い、素通りして川に向かいました。

川沿いの樹々にも、多くのレンジャクが留まっていましたので、まずキレンジャクに狙いを定め、撮影を開始しました。

f:id:Hatabou:20210312152327j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20210312152402j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20210312152441j:plain

 

関東ではキレンジャクは少ないので、貴重な撮影機会でしたね。

f:id:Hatabou:20210312152516j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20210312152609j:plain

 

 

ヒレンジャクはほぼ真横から撮影することが出来ました。

f:id:Hatabou:20210312152653j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20210312152724j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20210312152751j:plain

 

最後に

大好きなカワアイサに再会出来てほっとしました。それから、今年はレンジャクの当たり年で、あちこちで観察できるようですね。そういう時はしっかりとその姿をカメラに収めておくことも大切ですね。