カワセミのまなざし

カワセミのまなざし

清流の中に濁りを見つけ出す

水辺の野鳥を求めて…… "オオソリハシシギ" "キョウジョシギ" "コアジサシ" ほか  野鳥撮影《第148回目》

f:id:Hatabou:20190524132721j:plain

オオヨシキリ

 

今回は、撮影場所を山野から水辺に変え、春の渡りで賑わう干潟にスポットを当ててみました。すると、美しい夏羽の旅鳥たちと出会うことが出来ました……。

 

 多摩川河口付近

 

春の渡りの時期によく見られるチュウシャクシギが1羽闊歩していました。 

f:id:Hatabou:20190524133624j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20190524133646j:plain

 

 

 

ここではタシギを、意外に多く観察することが出来ます。 

f:id:Hatabou:20190524133841j:plain

 

 

 

三番瀬海浜公園

 

水辺の野鳥たちを観察するにはここが一番ですね。

この時期は、チュウシャクシギと並びキアシシギが数多く見受けられました。 

f:id:Hatabou:20190524134442j:plain

 

 

 

アイドル的存在のコチドリを、ちょっとした晴れ間に印象的に撮影出来ました。

f:id:Hatabou:20190524134809j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20190524134824j:plain

 

 

 

キョウジョシギ・オス(夏羽)も京女のごとく、美しい出で立ちでした。 

f:id:Hatabou:20190524135312j:plain

 

 ☟ 左:メス 右:オス

f:id:Hatabou:20190524135515j:plain

 

 

 

今回の撮影で最も注目したシギが☟のオオソリハシシギでした。 

まず撮影したのが、オオソリハシシギ・メス(夏羽)でした。とても優雅ですね。

f:id:Hatabou:20190524140403j:plain

 

キョウジョシギと駆けっこしているような……。 

f:id:Hatabou:20190524141419j:plain

 

☟ 駆けっこの勢いで飛翔です! 

f:id:Hatabou:20190524141910j:plain

 

 

今回一番観たかったオオソリハシシギ・オス(夏羽)です。この美しい赤褐色の装束を纏った姿には、ドキッとしますね。 

f:id:Hatabou:20190524140329j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20190524140607j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20190524140831j:plain

 

☟ 飛翔シーンも印象的ですね。  

f:id:Hatabou:20190524162124j:plain

 

 

 

そんなシギ・チドリたちを高みの見物……飾り羽のあるダイサギです。 

f:id:Hatabou:20190524142517j:plain

 

 

 

ハマシギ(夏羽)は、腹が黒く、顔から胸にかけて白く、細い縦斑が印象的ですね。

f:id:Hatabou:20190524162333j:plain

 

 

 

コアジサシも撮影途中から姿を見せてくれました。 

f:id:Hatabou:20190524143236j:plain

 

 

f:id:Hatabou:20190524143255j:plain

 

 

 

ダイゼン(夏羽)はモノトーンでシックですね。

なお、画像データをパソコンで確認したところ、☟の画像の右隅に写っているのは、足環をつけたオバシギでした。もっと注意して観察すれば、美しい姿を撮影できたと思います。残念でした……。

f:id:Hatabou:20190524143625j:plain

 

最後に

水辺の旅鳥たちは、美しい姿で存分にバーダーたちを魅了してくれます。

シギ・チドリたちは、判別が難しく勉強中ですが、最近買った「シギ・チドリ類ハンドブック」(氏原巨雄・道昭氏著)がとても役に立ちます。

秋の渡りまでの間に、少しでもその生態を学んでおきたいものです。

 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村