カワセミのまなざし

カワセミのまなざし

清流の中に濁りを見つけ出す

"オオルリ" "キビタキ" "モズ" "オナガ"等 ~河口湖フィールドセンター・恩田川~ 野鳥撮影《第38回目》

f:id:Hatabou:20170919174442j:plain

 (ツマグロヒョウモン

 

先週は、飽きもせず「河口湖フィールドセンター」に再び出向き、野鳥の種類に変化がないか確認しました。

また、絶好のお散歩日和も続いたため、地元「恩田川」をのんびりウォーキングしました。

そして、久しぶりに「多摩川六郷橋緑地」にも足を運び、たくさんの野鳥と出会いましたが、その記事は次回にさせて頂きます。お楽しみに‼

 

 

 河口湖フィールドセンター

 

オオルリの若鳥(オス・メス)がいつものように、頻繁に顔を出してくれました。

オオルリ・メス若)

f:id:Hatabou:20170919175405j:plain

 (オオルリ・オス若)

随分と瑠璃色が体を覆うようになりました。成鳥までもう少しですね。

f:id:Hatabou:20170919175655j:plain

頸を傾(かし)げる姿が愛らしいですね。

f:id:Hatabou:20170919175736j:plain

 キビタキも常連ですね。

キビタキ・メス若)

f:id:Hatabou:20170919175854j:plain

キビタキ・オス)

正面をしっかりと睨むポーズは雄々しいですね。

f:id:Hatabou:20170919180911j:plain

f:id:Hatabou:20170919181002j:plain

 前回に引き続きイカルも登場です。

五羽群れをなして飛び回り、しかもかなり大きく迫力を感じました。

f:id:Hatabou:20170919180223j:plain

f:id:Hatabou:20170919180347j:plain

 久しぶりに、大好きなゴジュウカラも雄姿を見せてくれました。

だだし、一瞬のことでピンボケ写真になって仕舞いました。

f:id:Hatabou:20170919181412j:plain

 今回初めて登場したアカゲラです。

これも証拠写真に過ぎませんが, 背が黒く、肩羽先端が白くて、逆「八」の字状に見えるためか、飛翔している姿は大きくカッコいいですね。

f:id:Hatabou:20170919181542j:plain

 最も登場回数の多い大好きなヤマガラです。

f:id:Hatabou:20170919181709j:plain

 

恩田川沿い

最近頻繁に出没し始めたイソシギです。(ただし、留鳥です)

彼も恩田川の常連です。

f:id:Hatabou:20170919182136j:plain

 コチドリ(16㎝)より一回り大きいイカルチドリ(21㎝)です。

イカルは古語で「大きい、厳めしい」という意味だそうです。

f:id:Hatabou:20170919182454j:plain

 お帰りなさい!モズ君

4月中頃にひなを育て終わった親鳥は、高原や北の地方に移動しますが、秋になると再び南下します。

f:id:Hatabou:20170919182722j:plain

ギョンギョン」とか「キチキチッ」と鳴きます。

高鳴き」と言われ、激しい縄張り争いをする際、発する鳴き声だそうです。

f:id:Hatabou:20170919182755j:plain

 川沿いで群れを成してるオナガです。

ギューイギュイギュイ」「ゲー、ギー」と姿に不釣り合いな騒がしい鳴き声を出します。 

f:id:Hatabou:20170919183002j:plain

f:id:Hatabou:20170919183056j:plain

 

恩田川を乱舞する蝶たちです。

コチャバネセセリ

f:id:Hatabou:20170919184113j:plain

 <モンシロチョウ

f:id:Hatabou:20170919184209j:plain

 <ヤマトシジミ

f:id:Hatabou:20170919184337j:plain

 <モンキチョウ

f:id:Hatabou:20170919184931j:plain

 <キタテハ

f:id:Hatabou:20170919185242j:plain

 <ベニシジミ

f:id:Hatabou:20170919185323j:plain

 <ツマグロヒョウモン

f:id:Hatabou:20170919185411j:plain

 

 終わりに

f:id:Hatabou:20170919185657j:plain

 曼珠沙華が咲く時期になりました。

これから一日一日秋が深まってくるのでしょうね。

秋空が澄み渡り、野鳥の声も気のせいかしっとり聞こえてきます。

音楽で言えばピアソラが心に沁みわたる、そんなステージですね。

川堤沿いの花々にも目を配りながら、バードウォッチングを楽しみたいと思います。

 

 


にほんブログ村